2017年度 カナダ海外語学研修

見たい日付を選んでください。
1日目①1日目②2日目3日目4日目5日目6日目7日目10日目11日目12日目13日目14日目

1日目その①

関空を無事に出発!!

本日18時半過ぎ、カナダ語学研修に参加の生徒20名が、期待で胸を膨らませ、関空を無事出発しました!今は乗り継ぎのため、台北にて2時間の待機中です。生徒20名みな元気です。
初めて国外に行く生徒もいて、緊張感も見えましたが、飛行機が飛び立つと、友達同士で楽しそうにはしゃいだり、CAさんの英語の発音に感動したり、窓からずっと外を眺めていたりと、思い思いに過ごしていました。機内食はあまり好みでは無い様子で(笑)、完食できない子もいましたが、食を通じてその国を感じてもらえればと思います。
ここから先は、1つ1つの経験がみなさんの成長の糧になる貴重なものなので、積極的に吸収していって欲しいと願います。
では、これから11時間弱のフライトをかけ、カナダへ向かいます。


1日目その②

バンクーバー到着!

現地時間の20時半過ぎに、無事バンクーバー国際空港へ到着しました。11時間のフライトはかなり長かったようで、みなさん疲れた様子です。到着時はまだ空も明るく、驚いている生徒も多かったです。


空港到着後にスーツケースを受け取り、現地の旅行会社の方の案内で宿泊するホテルへ出発。いまはホテルの部屋に入って、各自で移動の疲れを癒しているところです。

この原稿はホテルの1階ロビーで書いていますが、その間にも何人かの生徒が来て、ホテルの受付でドリンクなどを購入していました。英語で買い物をするという経験も新鮮ですね。

さぁ明日からが本当に始まり。今日はゆっくり休んで、明日から濃い2週間にしましょう。

2日目

ホストファミリーと初めての対面!

今日はホテルで朝食を食べてから各自でチェックアウトをしました。英語でチェックアウトをする経験も初めてだったと思います。その後、バスに乗ってバンクーバーの半日観光へ出発。朝から曇り空で肌寒い天候でしたが、最初の観光地キャピラノ大橋に着く頃には、晴れ間も広がってとても良い観光日和になりました。大きな吊り橋でぐらぐらと揺れるため、皆さん怖い思いをしながら渡っていました。日曜ということもあり混んでいたので、あまりゆっくりは出来ませんでしたが、気持ちのいい空気を味わいながら楽しめたのでは無いでしょうか。

キャピラノ大橋での観光の後は、近くの海岸沿いにあるマーケットへ行き、各自で昼食を食べました。英語でオーダーしてカナダドルで支払い、みなさん出来ていましたね。しばらく食べれないから、という理由で、うどんやスシなどの和食を食べている生徒もいました(笑)。

昼食の後は、1時間ほどバスに乗りラングリーのスクールへ出発。スクール到着後には、ホームステイ時の注意事項の説明を聞き、ホストファミリーとの対面の時を待ちました。緊張からか、少し表情が固かったですね。

そして、いよいよホストファミリーと初対面!1人ずつ名前を呼ばれ、ホストファミリーの元へ。皆さんの緊張はマックスだったことかと思いますが、ホストファミリーの温かい歓迎(日本代表のユニフォームを着ていてくれたり、ウェルカムボードを作ってくれていたり)を受けて、表情も一気に和らいでいきました。挨拶の後はホストファミリーと一緒にホームステイ先へ向かい、今は一緒に食事を済ませ寝支度をしている頃かと思います。

これから2週間は、直に生きた英会話に接することができる貴重な期間です。間違いを恐れず、恥ずかしがらず、オープンマインドで接していってほしいと願います。

3日目

第1回English Lesson!

3日目が始まりました。朝から快晴です。
スクールには、ホームステイ先での初めての宿泊を経て、生徒達が登校してきました。ぐっすり眠れた生徒もいれば、ほとんど寝れていないという生徒も。また、思っていたよりも英語で会話が出来なくて(自分の英語力不足で)悔しい思いをしている生徒もいました。それぞれの思いを胸に、第1回のレッスン開始です。まずは、クラス分けの簡単なテストを実施。

休み時間には、バディーの子供達と一緒に何かのゲーム(?)をしている様子。

その後も様々なレッスンを行い、午前が終了!

午後からは、バディー達と一緒にスクール周辺を散策。買い物をしたり、図書館で調べ物をしたり。公園ではたくさん身体を使いました!



あっという間に1日が終わり。生徒達はそれぞれのホストファミリー宅へ帰って行きました。昨日ホームステイ先で感じたことを生かし、また充実した1日にして欲しいです。

4日目

第2回English Lesson!

今日も朝から快晴です。
昨日分かれたクラスごとにレッスン開始。先生のレッスンを皆さん真剣に受けていました。Only Englishの授業で、「最初は話していることがほとんど分からなかったけど、少しずつ分かってきて嬉しい!」と喜ぶ生徒もいました。バディーの子供達から個別に発音のレッスンを行なってもらう生徒もいて、各自の英語力が向上している様子です。

また、週末のシニア施設訪問に向けて、カナダの国歌をみんなで練習しました!英語で歌うと発声練習にもなるので良いですね!

レッスンの後はみんなでお昼ご飯。ホストファミリーに用意してもらった食事を食べたり、仲間と遊んだりしながら、しばしリラックス。


お昼休みも、バディーの子供達と積極的にコミュニケーションをとり、いま自分のいる環境を最大限に生かそうとする姿勢が見えます。バディーの子供達は完全にボランティアで来てくれているので、そうやって関わっていけるとお互いに嬉しいですね!

肌寒かった朝とは打って変わり、強い日差しで、ここ数日で1番の暑さとなった午後からは、バスに乗ってフォートラングレーの史跡散策へ!最初に施設の方の説明で、カナダ開拓時代の歴史を垣間見ました。説明を受けている時も、頷いたり、声を出して答えたり、前に出て手伝ったりと、自然と積極的な姿勢になっている姿に、彼らの成長がみえました。

貨物列車の警笛音が鳴り響くなか、グループに分かれ、それぞれ与えられたミッションをクリアしていきます!

カナダ開拓時代の気分になれたかな?

フォートラングレーの散策が終わり、スクールに戻ると、迎えにきてくれたホストファミリーの姿が。一人また一人とホームステイ先へ帰宅していきました。今日はたくさん歩いたので、帰宅後は直ぐに眠ってしまっているかもしれません。また明日、ホームステイ先でのいろいろな話を聞けることが楽しみです。カナダ語学研修4日目終了です。

5日目

第3回English Lesson!

本日も快晴!ラングレーの気候は湿気も少なく本当に快適です。ただ、あまり雨が降らないのは困ると現地の方から聞きました。特にここ2〜3年は雨の降る日が少なくその影響が大きいとのこと。こういった話も、文字だけの情報を見るのと、実際に現地に来て現地の方から話を聞くのとでは、感じ方が違ってきますね。ホームステイをしている生徒は、日々色々なことを感じ取り経験し、視野が広がっていることでしょう。

さて、本日も午前中は英会話レッスンが行われました。時折、楽しそうな笑い声が教室から漏れてきます。

休み時間には一緒にジェンガをしました。抜き取ったジェンガの1つ1つのピースに、英文で質問が書かれており、それに英文で答えるという遊び方ができることに気付きました!

午後からは、ベリー農場へ行き、ブルーベリー摘みを体験!箱いっぱいにたくさん摘んでいる様子も見れます。摘んだブルーベリーは、ホームステイ先へ持ち帰るので、ホストファミリーから何か作ってもらえる(一緒に作れる)かもしれないですね!

ブルーベリー摘みのあとは、みんなでおやつタイム!ブルーベリークッキーと、あま〜い(本当に甘い)ジュースで、優雅な午後のひとときを体験

農場の中には様々なお店があり、しばし散策。
商品を購入している生徒もいました。慣れた感じでスムーズに買えていましたね!

ベリー農場のあとは、近くのファーマーズマーケットへバスで移動!少し疲れていたのか眠っている生徒もちらほら。

まだまだ元気な様子の生徒もちらほら。

ファーマーズマーケットでは、アイスの味見をしたり、ドリンクを購入したりしながら、ゆったりと過ごしました。

スクールに戻り、少し自由に過ごしている間に、ホストファミリーが迎えにきてくれ、またそれぞれのホームステイ先へ帰って行きました。

帰り際に、生徒同士でハグをしながら、
『You can do it !』
と、励ましあっている様子も見えました。新しい環境で、皆さん精一杯頑張っています。つらいこと、大変なことを乗り越えた先に、成長した自分がいます。だから、いまは積極的にチャレンジしてほしいと願います。

Yes, you can do it !!

カナダ語学研修5日目終了です。

《extra》
カナダに来て最近考えていることです。
その瞬間を誰と過ごすか。そして、一緒に過ごす人とどれだけ幸せな瞬間を共有できるか。それが大切なことだと感じます。相手から何かしてもらえることを期待して待つのではなく、自分が相手に対して何ができるか、相手を幸せにするために何ができるかを考えて行動していく。そうしたら、お互いハッピーになれるのではないでしょうか。

カナダに来ている20名の生徒は、待ちの姿勢ではなく、自ら行動を起こせる人物へと、少しずつ成長しています。
英会話力の向上だけではなく、グローバル社会で活躍できる資質も身に付けていける、そんな期間になっていると思います。

 

 

6日目

第4回English Lesson!

珍しく朝から曇り空で、肌寒い1日が始まりました。生徒20名は元気に、午前中の英語レッスンを開始。途中で教室に入ると、手を使ってペンを隠すトリックをみんなで披露してくれたことにビックリ!ホームステイ先でも、会話の糸口になるかもしれないですね。

お昼からは、ボランティア活動のため、みんなで歩いて近くの農園へ出発!

ボランティア活動では、農園の手入れを一緒に行いました。最初に説明を受けてから、二班に分かれて作業開始!普段から慣れているという生徒は、手際よく道具を使って草を抜いていた一方、虫が苦手だったりで、なかなか作業に集中できない生徒もいました。

抜いて集まった草の多さに文句を言いながらも(笑)一生懸命に身体を動かしていた姿は、かっこよかったですね。

また、野生のチェリーやベリーをそのまま食べている生徒の姿も(もちろん農園の方に確認済み)。めちゃくちゃ美味しいと、自然のままの味を楽しんでいました。

「なぜこの活動をするのか」
一人の生徒から質問がありました。
ボランティア活動なので、農園を使う方々に喜んでもらうため、というのが一つの理由かと思います。あとは、各自がどのように受け止めるか。受け止め方次第で、その作業を行う意味が何倍もプラスの方向に働くと考えます。積極的に動こうと思うと、係の方に質問をする機会も増えるでしょう。そのためには、英語で会話をすることになるでしょう。全てがチャンスですね!
その生徒には何も言わず、自分で考えるように伝えました。しばらくすると、係の方と積極的にコミュニケーションをとっている生徒の姿がありました。

行き帰りの道中で、英語で会話をしている夢を見たと話す生徒や、ふとした時に英語で反応してしまう生徒の姿もあり、若いというのはこんなにも吸収力があるんだ、と感心します。その調子でどんどん吸収し、自分の力に変えていって欲しいです。

カナダ語学研修6日目終了です。

7日目

シニア施設訪問!

今日は朝から快晴でした!
午前中のレッスンでは、まず午後からのシニア施設訪問に向けた事前準備を実施。写真は、国家斉唱の前に軽く腰を回すなどのストレッチをしている様子と、代表スピーチを練習している様子です。

その後のレッスンでは、ペアになり英語で様々な表現を交えて会話をしています。先生の話している言葉も、日に日に分かるようになってきて楽しいと、日誌に書いている生徒もいます。

お昼に持ってきた昼食をたべた後、バスに乗ってシニア施設へ!施設で係の方の説明を受けながら(もちろん全て英語)、建物案内をして頂きました。イメージしていた施設とは違い、すごく綺麗で緑に囲まれ快適な居住空間だと感じました。

合間にはバディーと楽しそうに話している様子も。

館内見学後は、入居者の方々が集まってくださっている場所で、国家斉唱からスピーチまで、練習してきた成果を存分に発揮していました。

そして、入居者の方のところへ分かれて、折り紙を一緒に折ったり、英語の名前を日本語の当て字で書くなどしながら、それぞれの生徒が積極的にコミュニケーションをとっていました。

なんとか伝えようとする生徒、そして、なんとか聞き取ろう、理解しようとしてくださる施設の入居者の方々。思いが通じた時、同じハッピーな瞬間を共有できたのでは無いでしょうか。
一人一人の表情を見ていてそう感じました。

さて明日からは、今回の語学研修で初めての、そしてたった一回だけの、ホストファミリーと共に過ごす週末です。色々な経験をし、さらに成長した生徒と週明けに会えるのが楽しみです。
いましかできないことを、いま全力で、チャレンジしてきてくれることを願います!

カナダ語学研修7日目終了です。

10日目

ネイチャーウォーク!

今日も快晴です!
ホストファミリーと過ごした初めての週末が終わり、生徒20名みな元気に登校してきました。

生徒の日誌を見ていると、週末をどのように過ごしたのか、一人一人の様子が伝わってきます。様々な経験を積むその瞬間の気持ちや感情は、生徒にとって大きな宝です。同じ場所に行っていても、同じことをしていても、感じ方は一人一人違うでしょう。誰かと比べるのでは無く、その時に自分が感じた想いを大切に心に刻みつけて欲しいです。

さて、今日も午前中は英会話レッスンです。二日ぶりのレッスン、楽しみにしていた生徒も!

午後からはバスで移動して、大自然の残るクリフパーク自然公園をウォーキング!

ツアーガイドの方が説明しているときも、真剣な眼差しで話を聞き、なんとか英語の説明を理解しようとしている生徒の姿も。そんな様子を見ると、その生徒がより大きく成長していくことを確信します。

「Are you OK?」
「OK!」
元気な返事も自然にできてきています。

川に着いて、一人が最初の一歩を川の中へ踏み出したら、みな続けて入って行きましたね。川の水はとても冷たかったですが、川の流れる感覚は記憶に留まり続けるでしょう。冷たさも含め、みな無邪気に楽しんでいました!

その後バスに戻り、ナナさんからよく冷えたジュースをもらい、スクールへ帰宅しました。

カナダに来てからの1週間、学びの機会は本当にたくさんありました。残りの4日間も多くの学びの機会があります。生徒のみんなには、その機会を逃さず積極的に掴んで行って欲しいと思います。大人が応援したくなるのは、学びに対して貪欲な若者なのです。学びに貪欲な姿を、それぞれのホームステイ先で発揮して貰いたいです。

カナダ語学研修10日目終了です。
残り4日!

11日目

FareWell partyに向けて!

今日も変わらず快晴でした、、、と言いたいところですが、あいにくの曇り空でした。

実は、空にかかっているのは雲ではありません。煙です。カナダBC週で続いている山火事の煙の影響で、曇り空になっていました。これほど広範囲に影響が及ぶことに驚きます。
生徒は20名元気に登校しています。

午前中はいつも通り英会話レッスン!残すはあと2回だけのレッスンです(明日は終日バンクーバーで観光と研修のため)。スクールでの授業にも慣れて、かなり楽しんでいる生徒もいます。

午後からは、当初の予定が変更になりまして、トレジャーハントというゲームと、最終日に行うパーティーの準備をしました。

そのあと、一人の生徒のホストマザーから、伝統品の楽器や装飾品などを見させてもらいました。生徒のために、重い荷物を持ってきて下さいました。また、採れたてのプラムまで用意して下さり、その優しいおもてなしに感激です。

今日のこの天気は、土曜日まで続くということです。つまり、カナダに滞在中は、もう快晴の空を見ることはできません。あの青く澄んだ空を見たいと思っても、もう見ることが出来ないのは残念です。カナダでの日々もこれと同じです。日本に帰ってから、あのときもっと話しておけば良かった、もっとこんなことをしておけば良かった、と思っても戻れません。
悔いを残さないように、今しかできないことに注力して、全力で過ごして欲しいです!

カナダ語学研修11日目終了です。
残り3日!

12日目

バンクーバー市内観光!

今日はいつもより早く集合し、バンクーバー観光及び研修に出発しました!

まず最初は、ギャスタウンを自由に散策。街はレンガ造りの建物をそのまま使用したブティックやレストランが軒を連ねています。生徒は、街のシンボルである1977年製の蒸気時計 Steam Clockを写真に収めたり、お土産を購入したりしながら、レトロな街並みを堪能していました。

次に、スタンレーパークにてトーテムポールを背景に記念撮影!限られた時間でしたが、みな思い思いに過ごしていました。

スタンレーパークをバスで周回しながら、お昼の観光地グランビルアイランドへ!各自で昼食をとり、ショッピングなどを自由に楽しんでいました。店員さんに注文する様子もすっかり馴染んでいて、そこにはもう不安な姿はありません。

お昼の後は、ブリティッシュコロンビア大学(ubc)へ向けて出発!まずは、UBC人類学博物館を見学。世界中の人類学に関わる資料が展示されており、それぞれの国が持つ文化について、想像力を掻き立てられます。

日本のお面なども展示されていました。
少し怖いですね。。

博物館を見学した後は、みんなで歩いてキャンパス内にあるブックストアへ。大学の敷地は驚くほど広いです。

ブックストアでは、しばし自由行動。買い物をしたり、隣のスターバックスでリラックスしている様子でした。

ブックストアで日本語の会話が聞こえ声をかけてみると、埼玉から短期留学で来ていた高校生でした。将来UBCへ進学することも見据えて、大学の寮で留学をしているとのこと。英語はあまり得意ではないと謙遜していましたが、丁寧な受け答えの中に、確かな自信が垣間見れました。夢に向かって頑張っている姿は応援したくなります。

泉北の卒業生には、カナダの大学(McGill )へ進学した先輩もいます。

「自分には無理!」
と、言っている生徒もいました。でも、今の自分だけをみて、自分の可能性を測らないで欲しいです。カナダに来る前には無理だと思っていたことが、今は普通に出来るようになっているのですから。

今回カナダ語学研修に来た生徒の中からも、カナダの大学へ進学する生徒が現れるかもしれない。UBCからスクールへの帰路、生徒の楽しげな歌や笑い声が溢れるバスの中で、そんなことを考えながらこの記事を書いています。

カナダ語学研修12日目終了です。
残り2日!

13日目

FareWell partyに向けて②!

今日も生徒20名皆元気に登校してきました。こうやって登校してくるのも明日が最後です。『まだ帰りたく無い!』と、日誌に書いてくる生徒もいました。1週間前には『早く日本に帰りたい』と書いていましたが(笑)

今日は朝からフェアウェルパーティーの準備をしました!
習字でメッセージを書いたり、プレゼントを作ったり、賑やかに楽しんでいる様子でした。

そして、午後からはバディーも含めて英会話レッスンを行いました!

そのあとは、急遽予定変更でショッピングに出かけました。買い忘れていたお土産などを購入したいと言っていた生徒もいて大喜び!
各自で自由行動にしていましたが、集合時間の10分前には、集合場所にちゃんと集まっている様子をみて安心しました。

今晩はホストファミリーと過ごす最後の夜です。昨日の時点で、もう泣きそう、と言っている生徒もいました。
今頃は、各家庭で温かい食事を囲みながら、別れを惜しんでいるのでしょう。※もしくは、明日の荷物整理に追われているかも?(笑)

生徒たちは今晩と明日で、ホストファミリーにありったけの感謝の気持ちを伝えてくれると思います。

カナダ語学研修13日目終了です。
あと1日!

14日目

ありがとうバンクーバー!

カナダ語学研修も今日で最終日となりました。
生徒は20名みな元気です。
※本日の模様などは、また後ほど更新いたします。
ホストファミリーと涙の別れを終え、今はバンクーバーの空港で搭乗待ちです。
これから長いフライトをかけ台北に行き、その後、日本へ戻ります。

フェアウェルパーティー!!

※カナダからの長いフライトを経て、今は台北にて、乗り継ぎの待機中です。生徒20名みな元気です。

以下はカナダ語学研修14日目の内容です。

午前中はカナダ先住民族の文化を体験し、最後の英会話レッスンを行いました。先住民族の衣装を着させて頂き記念撮影!良い経験が出来ました。

英会話レッスンの合間には、フェアウェルパーティーに向け準備を開始。いつもの明るい笑顔とは違い、真剣な表情でなんとか上手く喋れるようになろうと、スピーチの練習をしている姿もありました。

ホストファミリーの方々が楽しんで頂けるように、折り紙や習字などを体験できるコーナーも設置!

2週間一緒に居てくれたバディーの子ども達とは、もうすっかり打ち解けて居ますね。

そして、16時を過ぎた頃から、いよいよフェアウェルパーティーが開始しました。
ホストファミリーの方々が続々と会場へ。練習してきたスピーチを行い、国歌を一緒に歌いました。

その後、私の拙い英語でのスピーチを終え、一人一人の生徒に修了証が手渡されました。

次に、スクールの英語の先生とバディーで作って下さった、思い出のスライドショーを上映。鑑賞中、涙が止まらなくなる生徒もいました。この2週間の思い出が蘇り、胸に込み上げてくるものがあったのでしょう。

一人ずつそれぞれのホストファミリーへ、感謝の気持ちをスピーチで伝えました。決して綺麗で聞き取りやすい英語では無かったかもしれません。それでも、ホストファミリーの方々は、しっかり頷きながら、優しい表情で受け止めて下さっていました。

スピーチのあとは、生徒が手作りで用意した贈り物を、それぞれのホストファミリーへ渡しに行きました。
「2週間本当にありがとう」
手渡すときには、もう我慢できなかったんだと思います。涙が溢れ出しました。

ホストファミリーへ感謝の気持ちを伝えたあとは、それぞれのブースで日本文化体験!お箸でどれだけつまめるかをチャレンジする遊びや、けん玉、羽子板などで、様々なホストファミリーの方と一緒に楽しみました!


たくさんのことをやり遂げたあとのジュースは、格別な味がしたはずです。Cheers‼︎

フェアウェルパーティーのあと、生徒は一旦ホームステイ先に帰り、ホストファミリーと最後の夕食を味わってから、再び学校へ集合しました。これが本当のお別れですね。バスに乗る前にホストファミリーと最後のお別れのハグ、、、中々バスに乗りたがりません(笑)。寂しい気持ちと感謝の気持ち、それぞれが入り混じった涙となりました。

必ずまた戻る。そのときにはもっと成長した姿でここに戻ってくることを誓い、生徒20名カナダを飛び立ちました。

さて、この2週間は生徒達にとって新しいことばかりでした。大変なことや辛いこともたくさんありました。泣いて眠れなかった夜も、話が伝わらず悔しい思いをした日も、数え上げればキリが無いです。しかしそれら全てを、彼らは自分の力で乗り越えました。本当に彼らを誇りに思います。

英語も話せない私が、彼らの代わりにしてあげられることなど何もありませんでした。私に出来たことはただひとつ、信じたことです。困難に打ち勝ち、乗り越えられる彼らの力を、信じ続けたことだけです。そして、彼らは見事にやり遂げてくれました。

もういまは最初の頃のように
「先生どうしたらいいですか?」
と、不安げな表情で聞きにくる生徒はいません。
少々寂しい気もしますが、彼ら、彼女らの成長を間近でみれた濃い日々でした。

二週間前、彼ら彼女らは勇気を出し、自分の今いる場所、居心地の良い場所から飛び立ちました。新しい環境に身を置くことで、初めて気付けることがたくさんあったはずです。
生徒たちはカナダから、楽しい思い出だけではなく、悔しい思いも持ち帰るでしょう。出来たこと以上に、出来なかったことが山のようにありましたので。まだまだ自分が未熟であったことに彼らは気付けました。
日本に戻り、自分の家族や友達に囲まれる今までと変わらぬ日常の中でも、その悔しさ未熟さを忘れず日々を意識して過ごすことが出来れば、凄まじく成長していくでしょう。
自分が未熟であることを理解し、成熟に向かうことを実感できたとき、そこに喜びを感じられる。そのこともカナダで学びました。

生徒の日誌を見るのは今日で最後です。
でももう、多くを書く必要はありませんでした。今日の日誌には、一言だけ!

Wish you all the best!!

関空に無事到着!!

関西空港に無事到着しました!生徒は20名みな元気です!

2017年度カナダ語学研修はこれにて終了です。

関わって下さった全ての方々に感謝致します。

終わり

学校案内

最新の投稿

  1. 49期生 総合科学科が、兵庫県に校外研修に行って来ました。 以下は、その報告です。PDFが表示…
  2. 第2回 泉北高校学校説明会の申し込みを開始しました。 参加を希望される方は、中学生の皆さまへ …
  3. 見たい日付を選んでください。 1日目、2日目、3日目、4日目 1日目 スタディーツアー1日目が始…
  4. 11月11日(土)、清風南海学園 高等学校主催の国際シンポジウムにおいて、本校生徒3名がポスター発表…

Facebook

ページ上部へ戻る