女子バレーボール部

クラブ紹介

「努力に悔いなし限りなし」

チームの横断幕に書かれている言葉です。努力を積み重ねていくことは大変なことですが、その人にとって努力することに限界はありません。また、目標に向けて出来る限りの努力をすれば、その結果について悔いを残すことはありません。「努力に悔いなし限りなし」を常に心に置き、日々前進していきたいと思います。

泉北女子バレーボール部の目標

スポーツにおいて勝利を得るためには、道しるべが必要です。その道しるべを目標といいます。泉北高校女子バレーボール部は、次のような目標設定をし、日々努力を続けています。
・初期目標 … 大阪府下大会ベスト8進出 (平成14年に達成)
・中間目標 … 大阪府下大会ベスト4進出 (平成15年、20年に達成)
・最終目標 … 全国大会出場(上位2校)  (将来的な目標)
☆ インターハイ、春の高校バレーの舞台に立つ ☆

普段の心掛け

バレーボール選手である前に、高校生として、また人間として大事にしなければならないことがある。
勉強はもちろんであるが、日常生活での「目配り、気配り、思いやり」を大切にし、貴重な高校生活をバレーボールを通して充実したものとなるように努力する。

練習

平日の月曜日から金曜日の放課後は、3~4日の割合で体育館が割り当てられている。
体育館では技術練習、外での練習はトレーニングが中心となる。
土日祝日は練習試合などが入る。

バレーボール教室(バレーボールサークル)

木曜日の夜(月に2回程度)、中学生対象の泉北高校女子バレーボール部によるバレーボール教室をおこなっています。
中学生と共に練習し、また中学生の練習を真剣に見てあげることで、高校生がたくさんのことを学ばせてもらっています。

中学3年生対象の勉強会&練習会

泉北高校女子バレーボール部では、中学3年生で泉北高校のチームを知りたい、または泉北高校でバレーボールをしたいという人を対象に勉強会&練習会を行っています。
興味のある人は、中学校顧問の先生または保護者の方を通じて、泉北高校保健体育科の山本浩史まで連絡して下さい。

[ 学校電話番号 072-297-1065 保健体育科 山本浩史 ]

活動報告

顧問より

バレーボールは、とても奥の深いスポーツです。一人一人の運動量も多く、また要求される技術もすぐに身に付くものではありません。それだけにとてもやりがいのあるスポーツであり、上達すればするほど奥の深い楽しさを味わうことができます。
皆さんは中学時代、このバレーボールを通じて多くのことを学び、多くの仲間を得ることができたのではないでしょうか。そして、また一つのことに一生懸命打ち込むことの大切さや、最後までやり通すことの素晴らしさを体験したことと思います。
泉北高校は、全員が前向きに考え学び、そして真剣にバレーボールに取り組んでいます。もちろん、公立高校ですから、中学校でバレーをしていたからということで、入試でスポーツ推薦などのような制度があるわけではありません。現在のバレー部員も、「泉北でバレーをする」ことを目指し受験勉強を頑張り入学してきた生徒、入学して初めて練習を見学し入部してきた生徒、といったように入部のきっかけは様々です。それぞれスタート地点は違いますが、全員が絶対強いチームになるんだという強い気持ちを持っています。
けっしてバレーのエリート集団ではありませんし、練習環境の面でバレーを強化している私学と比較するとハンディがあることは確かです。また、学業との両立も自分の努力次第であり、言い訳は許されません。今までの泉北女子バレーボール部卒業生は、そういう環境のなかでも「やればできる」という気持ちで創意工夫し頑張ってきました。そこが、泉北女子バレーボール部の良さだと私は思っています。
貴重な高校生活を泉北高校女子バレーボール部で頑張ってみませんか。

山本浩史

ギャラリー

 

 

学校案内

最新の投稿

  1. 10月5日(金)~10日(水)の6日間、オーストラリアにあるモスマン高校生が本校に来校し、交流を行い…
  2. 泉北高校創立50周年記念式典の、二部式典行事の開始時間が、内容の一部変更により、同窓会報の時刻から変…
  3. 8月に行われた大阪総体において、陸上競技部の立川加乃さんが400mハードルで大阪府4位入賞(62秒7…
  4. 先日は、第1回学校説明会に多数ご参加いただきまして、誠にありがとうございました。 その際に、お…

Facebook

ページ上部へ戻る