男子ハンドボール部

クラブ紹介

男子ハンドボール部は文武両道をめざします
「切磋琢磨」
1969年、本校開校と同時に、ハンドボール部が創部され、過去には、オリンピック選手(志賀良弘 4期生)を輩出し、1976年には大阪府で2度優勝するなど、輝かしい戦歴があるクラブです。
現在は、後援会の先輩方から贈られた「切磋琢磨」の旗の下、近畿大会出場を目標に、全員一丸となって日々練習に打ち込んでいます。
私学の力が圧倒的に強い大阪のハンドボールにおいて、高校から始める生徒がほとんどのクラブですが“「公立の星」となって、強豪私学を倒す”が全部員の合言葉になっています。
ハンドボールは、「走る・跳ぶ・投げる」といった、3つの基本的運動能力が必要となる球技ですが、本当に必要なものは、うまくなりたいと思う“心”であり、その “心” の追求の過程で、一人の人間として成長できるクラブでありたいと考えています。

中学生のみなさんへ

中学生の皆さん、ハンドボールは高校からでも始められるクラブです。
私たちと一緒に夢を追いかけませんか!

活動報告

ギャラリー

  

学校案内

最新の投稿

  1. 10月5日(金)~10日(水)の6日間、オーストラリアにあるモスマン高校生が本校に来校し、交流を行い…
  2. 泉北高校創立50周年記念式典の、二部式典行事の開始時間が、内容の一部変更により、同窓会報の時刻から変…
  3. 8月に行われた大阪総体において、陸上競技部の立川加乃さんが400mハードルで大阪府4位入賞(62秒7…
  4. 先日は、第1回学校説明会に多数ご参加いただきまして、誠にありがとうございました。 その際に、お…

Facebook

ページ上部へ戻る